自己破産

自己破産とは?自己破産手続きの流れ。自己破産についてよくある質問など、自己破産経験者が語る借金問題を解決する方法。
債務整理を法律事務所に相談して債務整理(自己破産)の相談から手続きまでの流れと実際に手続して感じたことをまとめました。

自己破産とは

借金問題に悩み苦しんでいる、あなたのお役にたてればと思い自己破産について体験談を書くことにしました。

 私は実際に自己破産しました。

借金総額は1,200万円。

自己破産の手続きが完了したことで、この総額1,200万円の借金が「0」になりました。

自己破産とは借金が免除される手続きのことです。ただし、滞納している税金は対象になりません。(自己破産しても税金は免除されません)

「借金免除」になるかどうかはあなたの資産や財産を総合的に考慮した結果で異なります。

借金の始まり

私が自己破産に至るまでの経緯をお話ししたいと思います。

最初に述べましたが1,200万円の借金、はじめは軽い気持ちからでしたが今考えると、「自由に使えるお金欲しさ」「浪費」「消費」が借金の始まりです。

買い物はクレジットカードで購入することが多くなり、クレジットカードでキャッシングができることを知り現金を引き出す。

返済が厳しくなり、キャッシング専用カードを作る。(当時3社と契約しました)

ここから先は、お決まりのパターンといいますか絵に描いたように首が回らなくなり返済が追いつかなくなってきます。


▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

無料相談を利用したことが転機となる

「ヤミ金から借りるか・・・」と考えたこともありましたが、結局一時的なもので借金問題根本の解決にはならないと判断し、ネットで調べたり本屋さんで債務整理についての情報を集めたり、どうすることが解決の道なのか?模索しました。

ある日ネットで「○○(地域名)借金相談」と検索すると、現住所の県が管轄している弁護士会の「無料相談」が定期的に開催されている情報を見つけました。

その無料相談に出向いて、話しを聞いてもらおう!アドバイスしてもらおう!と思ったのです。

実際相談に行ってみると、30分完全無料で弁護士さんが話を聞いてくださいました。

無料相談の中で、私に最も適した債務整理の方法を提案してくださいました。

「あなたの場合、自己破産でしょうね」と。

これ以降の具体的相談は「弁護士に依頼することを前提ということになります。」と言われ、無料相談で対応してくださった弁護士さんと話しているうちに「この先生なら力になってくれるかも」と思い、今後の相談と自己破産の手続きをお願いすることに。

当時、車は所有していましたがその他財産的なものは何一つなく、車も仕事をするうえで生活する中で必要なものであると判断され、財産には相当しないということでした。

このような経緯で弁護士に依頼して自己破産手続きをすることに。

債務整理 相談

実際に自己破産の手続きを進めていくうえで、弁護士先生とのやりとりは「電話」と「書類郵送」でのやり取りのみ。
特別なものを用意したり弁護士、司法書士法律事務所に出向くなどといった手間もかかりません。

事前に打ち合わせで弁護士の先生へのお願いで「自己破産することを、家族や会社に知られたくない」と相談したところ最大限に考慮してくださり、電話をかけても問題ない時間帯や郵送する際の差出人など事前に打ち合わせも行い、誰にもバレることなく自己破産の手続き完了まで滞りなく事は運びました。

もうひとつ、弁護士費用を払うお金がないことも相談。その点に関しても自己破産の手続きにかかる費用は「分割払い」で対応していただきました。精神的に楽になったのは、弁護士に自己破産の手続きをお願いしてから即日、債務者からの電話や郵送による督促が完全にSTOPしたことは有難かったです。

債務整理(自己破産)のポイントは実績のある司法書士、弁護士事務所に依頼することが重要だと思います。相談件数や解決実績件数が多い弁護士・司法書士法律事務所は「経験値」と「債権者との交渉力」があるからです。

そこで、借金相談・借金解決実績が多い弁護士・法律事務所」を紹介したいと思います。

1位 弁護士法人イストワール法律事務所

弁護士法人イストワール 公式サイトはこちら

債務整理とは?債務整理についての説明が分かりやすい。

事務所スタッフに債務整理経験者が在籍している。

実績処理件数2万件以上

弁護士法人イストワール 公式サイトはこちら

2位 おしなり法律事務所

おしなり法律事務所 公式サイトはこちら

メールから「匿名」で相談の申し込みが可能。

年間実績が7万件以上。

公式サイト内の「おしなり法律事務所が選ばれている6つの理由」は相談してみようと思える納得の内容。

おしなり法律事務所 公式サイトはこちら

3位 新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所 公式サイトはこちら

「新大阪」とありますが全国どこからでも相談可能です。

相談は無料。

実際にお願いするとしたら「いくらかかるのか?」明確に料金の記載があるので安心して相談できるとの口コミが多い司法書士事務所。

新大阪法務司法書士事務所 公式サイトはこちら

自己破産 よくある質問

私の場合、無料相談に「足を運びました」が当時はネットで相談という知恵も今ほどネットで申し込みから相談というサービスもありませんでした。

最近はインターネットで無料相談が可能に。(匿名で相談受付も行っています)

借金相談・自己破産した時に不安や疑問に思ったこと

自己破産するにあたって当時私が感じた「疑問」や「不安」、それらを弁護士に相談して得た回答についてまとめます。

 

Q:会社や家族に相談したことや、自己破産したことがバレるのでは?

自分で言わない限り自己破産したことはバレません。

 

Q:自己破産すると会社を辞めなければいけない?また、転職の際に不利になるのでは?

自己破産をしても会社を辞める必要はありません。万が一会社に知られたとしても自己破産を理由に解雇することはできないでしょう。転職の際も問題ありません(弁護士などの「士業」や「警備員」など一部の職種は一定期間制限されます)

 

Q:自己破産するとクレジットカードは作れない?

自己破産するということは「借金が免除」されるということです。従って今まで所有していたクレジットカードも自動的に強制解約です。
自己破産すると個人信用情報に「事故情報」として登録されます。おおよそ7年間この情報は消えませんので、必然的に最低7年間はクレジットカードが作れません。
一定期間を経過すると再度クレジットカードを作ることも出来ますが、カード会社によります。(自己破産して2年後に作れた人もいます)

 

Q:お金を借りた際、保証人を付けていますが自己破産すると迷惑はかかりませんか?

迷惑がかかります。保証人はあなたの代わりに借金返済から免れることができません。保証人も支払い能力がないということになれば、保証人の方も債務整理することになるでしょう。
あなたが「自己破産」しても保証人の責任がなくなることはありません。

 

Q:借金が免除されるなら自己破産したい

あなたの借り入れ状況や収入、財産にもよりますが「自己破産」出来ない場合があります。
自己破産出来ないというより「他に最善の方法があると判断される」ということです。
それも含めて弁護士、司法書士の先生が判断し提案をしてくれますので、まずは専門家に相談することが一番だと思います。

 

最後に。私は自己破産しましたが、人生をやり直すことができました。自己破産しても、現在はクレジットカードも所有しています。住宅ローンも組むことができました。


自己破産手続きが確定してからの7年間。お金に対して真剣に向き合い、収入の中でお金を使うことを徹底し、それが良い習慣になりました。


同じように借金問題に悩んでいるあなたが1日でも早く、精神的にも経済的にも楽になり「稼いだ給料は自分が好きなことに使える」状況になってほしいと願っています。

 

最後の最後となりますが、経験者からの最大のアドバイスとして

 「勇気を出して相談してください」

借金問題は「あなたが動くこと」からでしか解決できません。


▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!